みなさん、おはようございます。

エクソンの荒巻です。


それぞれの立ち位置で考え、

自分のビジネスでどう攻め、

どう守るためのショートヒント。


今日も、いったん立ち止まって

深呼吸しながら読んでみてください。


皆さんの活躍の一助になりますように。

————————-

《ポイント》

最近の気分⑥


《解説》

ホント、極楽とんぼというか、

楽天的な、妙な自信過剰というか、

自己肯定感が高いというか。


イイ性格に育ったと思う。

もともと、若い頃はネガティブというか、

理屈の多い、行動の前が長い、

人目を気にするタイプだったのが、

自分でも笑える。


たぶん、学生時代の自分を

知っている人からしたら、


荒巻は

「こんなお気楽野郎だったっけ?」

って感じている人も多いと思う。


自分の性格が変わったのは、

あるタイミングでスイッチが

反対に振れたことかもしれない。


こう言う場で書くような話ではないので

ナイショにしておくが。


結論は、なんか今とても面白い!

(もちろん、今の世の状況がという意味ではない)


————————-
《ポイント》

目的と手段をはき違えない①


《解説》

これは、経営をする上で常に状況を

振り返りをする時の金言である


最近だと、家に閉じこもっていろ

「Stay Home」というのが毎日の様に

テレビでも繰り返されている


Stay Homeは目的ではなく、

手段であるのはいうまでもない。


この手段が目的にすり替わり始めると、

StayHome家にいることが目的になる。


そうすると、家にいるというような

低次元の話なので人と比較しやすい

状況が生まれる。


誰もが容易に比較できる状況になると、

人との違いがイライラの原因となり

分断のきっかけとなる。


会社の経営でも目的と手段を

はき違えるのは大きな軋轢を

生み出すきっかけになる。


————————-
《ポイント》

目的と手段をはき違えない②


《解説》

StayHomeは目的ではなく、

手段であるのはいうまでもないと言う話。


では、StayHomeの目的はなにか?

感染者数の減少、

もしくは感染スピードの減速なのか?

違う。


これは、目標。

数字で表すことができる事は

目標とすること。


目的は

「再び平和な暮らしを取り戻すこと」

(他の表現もあるとは思うが)であろう。


目的達成のために、

家にみんなでこもって、

感染拡大の防止という目標を

めざしましょうって話し。


その先の目的をしっかりと

トップは繰り返さないといけない。


テレビでは、目標や手段を繰り返すのが、

なんか鬱々とする原因だとも思う。

チームの生産を上げるためにはどうすればいいですか?