http://bright-life-counseling.com/?fbclid=IwAR03lAo_y2koRlgoz6hhhaTMbX1tEzGVLbyfxj6U90jXSzwztRoNhaoNtdA

When it comes to men, they really aren’t the best at apologizing, at least from the point of view of women. This begs the question: Why?


男性は、人に対して謝るということが

本当に得意ではありません。


少なくとも女性から見ると、

そう言えるでしょう。


それは一体、なぜなのでしょうか?

Starting from childhood men and women learn and grow in different ways. As children, boys generally play in big groups, in competitive games and activities, whereas girls have smaller groups and participate in cooperative and conversational activities. This leads to girls being more open and accommodating in conversation and boys having a more self protective and competitive style of communication.


幼少期の初期の段階から、女性と男性は

それぞれ異なる方法で学び、成長します。


子供の頃、男の子は一般的に

大きなグループを作り、競争するような

ゲームやアクティビティを通して遊びます。


一方、女の子はより少数のグループで、

遊びの内容に関してもお互いに協力的で、

会話中心のものになります。


そのため女の子はより人に対して

オープンで、会話に順応できるのに対し、

男の子はより自己防衛的で、

競争的なコミュニケーションの

スタイルになるのです。

Once men and women grow up, men are still less likely to say sorry. Saying sorry holds meaning and risk for men. It can be seen as a weakness or admitting fault, which can open the door to be made fun of or ridiculed. Women on the other hand, have very little risk when apologizing, as it is so common to do among women.


それぞれ成長した後も、男性はやはり

「ごめんなさい」と謝ることが苦手です。


謝るということは男性にとって

大きなリスクがあるからです。


というのも、謝ることで自分が

弱者と見られたり、からかわれたり、

嘲笑されたりするかもしれないような

過ちを認めることにつながるからです。


一方、女性は謝ること自体に

それほどリスクを感じていませんし、

女性の間ではごく普通のことです。

One way around this, is to tackle it early on in child development. Having children interact with the opposite sex more and practice communicating (think group activities).


この問題を回避する一つの方法は、

子どもの発育の早い段階で

この課題に取り組むことです。


子どもたちにはより異性と交流し、

コミュニケーションの練習となる

グループ活動のようなものに

取り組ませるといいでしょう。



But what can we do now that we are adults? Read more here to find out!:

https://www.psychologytoday.com/gb/blog/between-us/201911/hes-not-sorry

しかし、もはや大人の私たちは

今から何ができるでしょう?


その方法はこちらの記事で見つけてくださいね。

https://www.psychologytoday.com/gb/blog/between-us/201911/hes-not-sorry