こちらは英語を学びたいという方へ、
「英単語」の覚え方について特化した、
毎日配信コンテンツになります!


本日は第17弾!!ということで、
「Address」について、
ご紹介していきたいと思います!


早速ですが、皆さんは
Addressって聞いたことはありますか?


”え!簡単じゃん!住所でしょ?”
と思われた方、大正解です!
名詞では住所です!


では、動詞として使う場合は
いかがでしょうか?




動詞でAddress… 住所が動く

ではありません。。。


話しかける、演説する、呼ぶ、申し込む、提出するなど、

実はこれらは全てAddressの意味になります、、、


恐らく皆さん、
”ええ、多すぎるよ…” と思われますよね。。
正直、私も思いますw


全て覚える方法はありますが、

正直、経験が必須になってしまいますので、


そこで今日のところは、
「Address = 人に向けて言う(演説する)」
という意味だけでも覚えていくのは
いかがでしょうか?


この表現は、ニュースとかでも見ますので、
これだけでもお役にたてます!


また動画では、 


I had to address a crowd. It was so nervous.

(集まった人たちに演説しなきゃならなかったの。緊張した。)



といった表現で使われております!


そこで皆さんへ今日の質問です!


Q. 会社、もしくは学校などで
何かについて発表しないといけないとき、
どのように使いますか?



ヒント:
I had to address 〇〇 regarding XXX.
(XXXについて、〇〇に対して発表しました)



いつも通り、少しだけでも考えて、
是非トライください!



では、皆さん、


Have a nice day~ ☀
 
 

————————–

映像クリエーター : Johnny

編集ライター : Kuroudo

 
 
友だち追加