みなさん、おはようございます。
エクソンの荒巻です。
 
それぞれの立ち位置で考え、
自分のビジネスでどう攻め、
どう守るためのショートヒント。
 
今日も、いったん立ち止まって
深呼吸しながら読んでみてください。
 
皆さんの活躍の一助になりますように。
 
————————-
《ポイント》

 

最終目標はシンプルに②

《解説》

最終目標をトップはどう表現するか
それによって指示を聞く下の者が
どう受け止めるのか考えてもらいたいと言う話

「感染拡大を防ぐ」とだけ
最終目標言われれば、
そのための最善を
最短距離でいけると感じないか?

これが
「東京オリンピックの開催も控えているので
感染拡大を防ぐ」と言われたら、
言われた方がどう考えるだろうか?
と言う話。

頭に枕詞が付いていると、
どうしても人間そっちに意識を引っ張られる。

当然、それに配慮をしながら行動が始まる。
余計な配慮をしはじめれば、
当然スピードは遅くなる

危機管理の中でスピードが遅いことは
致命的な結果をもたらす

————————-

 

 

臨時ニュース!

バブルの時やリーマンの時は、
踊らされて富裕層もどきから
バタバタ死んでいきましたが、
今回は全く様相が異なります。

経営者人生で初めての感覚です。

ちょっと、休憩していたブログに
書き起こしてみました。
戦争が起きるとは思いたくありませんが、
一人一人が気を確かに持って、
惑わされないように頑張りましょう。

————————-

《ポイント》

 

最終目標はシンプルに③

《解説》
危機管理の中でスピードが遅いことは
致命的な結果をもたらすというはなし

なので、司令官は絶対に
最終目標を単純に伝えられないとならない。

これは戦いの基本中の基本
ビジネスも一緒なのはいうまでもない

経営者は、部下に対して最終目標を
とにかく一言で言えるようにする

この能力は必須である

しかし、当然考慮をしなくてはいけない
制約条件や環境があるのも事実

なので、まずは
「最終目標をしっかりと社内で共有浸透」
しているのを確認したのちに

「ただし・・・」と言うような風に制約条件や、
配慮すべき事象などを
「最終目標達成のための考慮点」として
一緒に議論をすることが大事

————————-

 

 

臨時ニュース!

不必要に危機を煽るつもりも、
脅かすつもりは一切ありませんが、
未知のことに対してどう関わるか、
もう一度考えませんか?

https://news.yahoo.co.jp/byline/onomasahiro/20200315-00167884/

この後の日本がこうならない
とは限らない。
守る「べき」は何かを
全てが明確にする時期と言える。

ほんと、人類の敗北なのかもしれない。

こう言う比喩は、本当に不謹慎であるが、
福島第一原子力発電所の事故の際の
菅総理大臣と枝野官房長官の
記者会見を思い出す。

今回のCOVID-19は、
福島第一原子力発電所の事故よりも
確実に死者は出る。
そして経済への影響も世界規模に
広がり更に大きい。

家族と自分を守るために、
行動指針を決めておこう。

2週間、家から出ないで済むために
何をすべきか。

家族がもしも感染した場合に
どうするべきか。

————————-

《ポイント》

 

ハラスメント

《解説》

経営者をしていると、
ハラスメント問題には
敏感でなくてはならない。

社員さんがおこすハラスメントもだし、
自分自身が起こしてしまうことの両方。

相手がどう受け止めたかが基点なので、
自分自身はそうではないと抗弁しても
どうにもならない時があるのよ要注意。

人間関係がしっかりできていれば、
同じことをやっても受け取り方が
違ってくるので厄介な話し。

まずは、自分の立ち振る舞いを
全方位で気をつけるしかない。

最優先んで気をつけなくては
いけないのは、
思ったことを、その時に、
そのまま発しないことかなという気がする。

言葉だけではなく、
ちょっとした
相づちのイントネーションにも
気をつける。


——————————

*通常は公式LINEアカウントにて、
配信されているコンテンツになります。

是非こちらもクリックください!
👇

友だち追加