皆さん、こんにちは!

Re:GroupのKuroudoです。



こちらでは多くの日本人が

最も苦手とする、

「英語を話すコツ!」

についてお話させていただきます!


基本的に我々日本人は

英語を話すことを苦手と

する人が非常に多いのですが、

これは仕方のないことです。


なぜなら、学校の義務教育に

含まれていなかったから。


つまり、ただ練習してこなかった

だけなのです。


これは例えば、肥満の方が、

運動や食事制限をしないで

「絶対痩せられないわ…」

ということと一緒です。



つまり、英語もこのダイエットと

一緒で、まずは話さないことに

チャレンジしない限りは

何も始まりません。


かと言っていきなり英会話通いは

ハードルが高いかと思いますので、


まずは私が最もオススメする

「英語を話す (Speaking)」のコツ

是非頭に覚えてください!

 

 

その秘訣は…

「相手の言葉を引用する!」


→要は相手の言葉やセリフを

パクる手法!

「オウム返し」です(笑)


わかりやすく例を挙げてみます!

例)

I heard you have got the certificate.

Is that right?

(資格が取れたって聞いたけど、

あってるかな?)


Yeah That’s right!

I have got the certificate.

(うん、そうだよ!

その資格を取れました!)



このように相手が使ったものと

同じ言葉を引用します!

もう一つ例に挙げてみましょう!



Where are you at?

I am heading to school now.

(どこにいるー?ちなみに

今学校向かってるよー)


Cool.

I am heading to school too.

(いいね!私も今向かってるよ!)



これならゼロから考えて話すよりも

簡単な気がしませんか??


そしてこの方法には大きく分けて、

3つの大きな効果があります!

 

【① 間違った伝わりがない


上記の例文で、オウム返しを

ご理解いただけたかと思います!



このように相手の言葉をパクれば

発音が悪くても、しっかり伝わることが

多いので是非トライください!


【②好印象を得られる!】



相手の言葉を引用する

1番のメリットは、

「相手へ理解の気持ちが伝わる!」


私の経験ベースにはなりますが、

オウム返しを多用することで、

私のネイティブの友人やお客様は

以下のように感じてくれたようです。

・私の話をちゃんと下手なりに聞いてくれる
・カタコトでも強い共感性を感じる
・一生懸命さの気持ちが伝わってくる



つまり、私がはじめネイティブの中へ

飛び込んでいき、

ネイティブの仲間づくりに

成功した一番の要因は、


「英語が話せないことを、

逆に”強み”に変えられたこと」


つまり、

英語がわからないという

最大のメリットを通して、

ネイティブの方々がついつい

あなたに手を差し述べたくなる

といった感覚を持ってもらえたら、

皆さんの英語力を短期間だとしても

飛躍的に伸ばせるかもしれません。

 

そして最後の3つ目の答えは

とても重要なカギです!



【③言語を超えると

達成感が生まれる】


つまり、相手の言葉を引用すると

会話をどんどん深掘りでき、

言語が不自由な中での会話で

「強い絆 (信頼関係)」が生まれる!


これは順を追ってご説明します!

「会話の掘り下げる技!」



【キーポイント】

Just Ask !!!

= 質問を3回深掘りする!

 


How was your weekend?
(週末はどうだった?)

Not bad. I just had a hockey game.
(まあまあかな。ホッケーやってきたくらいかな)

Cool. How was that?
(いいじゃん!どうだったー?)

We won the game. That was pretty fun.
(勝ったよ!まあまあ楽しかったわ!)

Awesome! How many scores you got?
(最高やん!何点くらい取ったの?)

Nahhh, I got 2 penalties instead.
(ゼロだな。代わりに2回も反則取られたよ)

Oops… LOL
まじか…(笑)



このような会話のやりとりの中で、

実に興味深いのは、あなたがより

相手を理解しようとしたことです!



このように深堀を受ける相手は



質問にしっかり答えたい


せっかく答えるなら理解させたい

だんだんあなたに興味が沸く!



といった形に変わっていきます!


そして

「やっと伝わった!」

という達成感を互いに

共有しあうことで相手は

更に親近感を抱いてくれます!



そしてここで初めて、

言語の壁を超え、

お互いを理解しあえる

「強い絆 (信頼関係)」

へと変わっていくんです!



このように相手の言葉を

引用していく(オウム返し)で、

これから沢山のネイティブの友達が

できるチャンスが広がりますので


英会話が苦手な方も、まずは

「相手の言葉を引用する」

是非トライしてみてください~




KUROUDO




ネイティブとの究極の共感は、

国旗を準備して、

相手の国歌を歌う

全員に愛を伝える

スピーチ開始!