動画はこちら:
https://www.ted.com/talks/How great leaders inspire action



皆さん、こんにちは!

自己成長チャンネルのLeoです。


こちらは多くの教養を学ぶことのできる

アメリカの人気チャンネル、

「TED TALK」

を通して一般の私たちが、

自分の日々の成長に

繋げられるチャンネルです。


◎選定背景


世界中のあらゆる頭脳たちの

洗練された言葉やアイデアを

継続的に取り入れる事で、

新しい考えや大きな気づきがあると信じ、

このTEDProjectを進めている。

この考えそのものが自分自身の

行動の源泉になっている事を

改めて感じることができた

話者の話であった。


上記のように文章を始めたのには

理由がある。


読み進めることでその理由を

見つけてみてほしい。

 

 

当TEDの選定理由としては、

リーダーの共通点としてどのようなものが

出てくるか気になり、それらを今後も忘れず

自分自身にもインストールしたい

気持ちから選出した。

 

 

人間関係におけるコミュニケーションの

本質とも言える学びを得ることができる

当TEDを是非、実用可能な所まで理解を

深めるためにも数回は観返してほしい。

 


◎当TED概要

①リーダーのゴールデンサークルとは?


 話者は、アップルやキング牧師などを

事例に出し、人材やスキル・テクノロジー

なども他企業と大きく変わらないのに

 

なぜ、アップルような革新的な企業が

誕生したのか、これまで差別に苦しんできた

プレゼンテーション力のある

アフリカ系アメリカ人ではなく、

なぜキング牧師のようなが誕生したのか

という問いから話を始めている。

 

 

リーダーのあらゆるスピーチや話の

展開方法に下記のような共通点が

あることを話者は発見した。



それらはWhy>How>Whatの順序

(ゴールデンサークルと話者は呼ぶ)で

展開していることである。



通常多くの企業や人々は、

What>How>Whyの流れで

展開してしまうようである。



話を展開するその人自身の信念や

背景・話をしていることの理由を

述べることで、人々の行動変容を導き、


アップルやキング牧師のような
歴史的な

リーダーがうまれたと話者は述べている。



ゴールデンサークルは脳の構造とも

大きく関係があることにも触れている。


アップルの会社の理念や信念考え方を

先に的確に届けることで、

共鳴したユーザーたちが、PCだけでなく

異なる製品(イヤホン等)も購入しようという

気持ちを感化させるきっかけと

なっていることにも触れている。



 人々の、日々の行動(What)を通じて、

全て各人の信念(Why)を表現していることは

あらゆる人が日常におけるご自身の行動を

振り返るきっかけにもなるだろう。




〜まとめ〜



 あらゆる行動を日々選択する私たちも、

”Why”を表すあなたの抱く信念に基づき

様々な行動をしていることにも

再度着目する事で、各人の価値観や

信念に対して、問いを立てることが

できるのではないだろうか。


驚いたことに今回のTEDも脳みそとの

関係性に触れる箇所が出てきた

コミュニケーションと脳みその関係性に

興味がある方は深く調べてみてはいかがだろうか。



 今後、スピーチや会社での

プレゼンテーシャンなどが控える方には、

今回得た気づき、特にあなたの信念や

背景をどのように的確に伝えることは

できるかなども考慮に含めて話の展開を

実施してみてほしい。



(P.S:ライト兄弟の無事飛行機離陸に成功した

と話者が述べるタイミングで、

会場の外?から飛行機の音がするのは

偶然だろうか? (笑)



◎今回の印象的な英語集:

A: The goal is not just to sell to people who need what you have; the goal is to sell to people who believe what you believe. The goal is not just to hire people who need a job; it’s to hire people who believe what you believe. I always say that, you know, if you hire people just because they can do a job, they’ll work for your money, but if they believe what you believe, they’ll work for you with blood and sweat and tears
B: The reason that person bought the iPhone in the first six hours, stood in line for six hours, was because of what they believed about the world, and how they wanted everybody to see them: they were first. People don’t buy what you do; they buy why you do it.
C: It just so happened that the Civil Rights Movement was the perfect thing to help him bring his cause to life. We followed, not for him, but for ourselves. By the way, he gave the “I have a dream” speech, not the “I have a plan” speech.