みなさん、おはようございます。

エクソンの荒巻です。


それぞれの立ち位置で考え、

自分のビジネスでどう攻め、

どう守るためのショートヒント。


今日も、いったん立ち止まって

深呼吸しながら読んでみてください。


皆さんの活躍の一助になりますように。


————————-

《ポイント》

淘汰される人③


《解説》


メンバーに対して疑心暗鬼になる

あいつらちゃんと仕事しているのか?


どんどんとチームに遠心力が働いて

いるのに気がつかず、

オンラインミーティングの環境に慣れず、

コミュニケーションがチグハグに

なってきて、蛸壺に入り込んで

自ら自爆に走っているマネージャーも

多いのではないか。


因果応報としか言いようがない


旧来のマネジメントから新しい環境に

適したマネジメントができない

マネージャーは淘汰される運命


自分たちの使命を常に反復確認して、

方針と最終目標を共有したら、

やり方は現場に任せることができるか


————————-
《ポイント》

淘汰される人④



《解説》

適者生存が刃として喉元に

突きつけられている

マネージャーが多いはず


もしかしたら、刃が突きつけられて

いるコトにも気がつかない人も

いるかもしれないが

環境激変の中では、口先だけの

生き方では生き残る事はできない


マネージャー全員がそれぞれ

本質が見抜かれる時代である


生命の危機にされている中で、

誰についていくことが

自分の生命維持に最適なのか

敏感になっている


会社で言えば、経営層や管理職層が

そう言う目で見られている


しかし、話しの最初に戻ると

「適者生存」は、マネジメントする側

だけの話ではない


全員が今回は生存の危機にある

 


————————-

《ポイント》

淘汰される人⑤


《解説》

直近では、飲食店やうちみたいな

対面サービスをやっている商売は

仕事が消えた。


サプライチェーンの寸断された

製造業は大手も含め仕事が激減した。


今は影響が感じられない業界

であっても、回り回って確実に

仕事は減っていくはずである。


仕事がない



さて、サラリーマン諸氏、

どうしますか?


仕事がないなら、

仕事を探すか、

仕事を作るしかない


今まで、口を開けていれば、

上司から与えられた

仕事が入ってくる環境のヒト


お客様の所を定期的に回っていれば

なんとなく仕事が湧いていたヒト


それがなくなる環境がくるなんて、

想像できたヒトがどれだけいるか


————————-

《ポイント》

淘汰される人⑥


《解説》

仕事がないなら

探すか

作るしかない


今まで、仕事をもらうことが

当たり前だった環境のヒトは

どうするのか


今まで、これやってあれやっておいてと

マネージャーの指示を忠実に

こなしていただけの社畜

と言われたヒト達も使えない

マネージャーと同じ運命を

たどるとしか思えない


誰かの仕事を奪うのはともかく、

これから生き残るには

一般の社員さん達にも自分で

自分の仕事を探してくる能力や、


自分の仕事を自ら作り出す

能力が求められることになる


大手の企業に勤めているヒトや、

公務員だって安閑としてられないでしょう


早いか遅いかの差である



適者生存を人任せにしないのが、

生き残りのスタート地点である