皆さん、こんにちは!

Re:GroupのKuroudoです。


 
こちらは普段新聞を読む時間が
 
ない方へ向けた、先週までに起きていた
 
「最低限抑えておきたいニュースだけ」を、
ピックアップしてお届けします!
 



経済が苦手な方にも、
 
読みやすく作っていますので、
 
是非ご覧ください。

 


【今週のトピック】

1. この2週間の全体的な振り返り
2. (感染覚悟で)経済活動に再開見込み

1. この2週間の全体的な振り返り
 
まず初めに、こちらはこの2週間で

アメリカで起きた
倒産に関するニュースです。



「ゴールドジム」米の運営会社破綻 日本の店舗と資本関係なし

 



ファッション企業Jクルーが新型コロナで破綻 アメリカの大手小売りチェーンで初

 



米高級百貨店「ニーマン・マーカス」が経営破綻、新型コロナによる休業で資金繰り悪化
https://www.fashionsnap.com/article/2020-05-08/neimanmarcus-bankruptcy/




またこちらは、国内での倒産に関連するデータになります。
👇
 



このようにECマーケット拡大を

背景に乗じて、コロナの影響で、

追い討ちをかけられてしまった

業界だったりなど、



規模や業種、地域を問わず、

従来から業績不振で、体力や

手持資金の乏しい企業の倒産が

(国内では)大半を占めるようです。




【消費者行動】

経済的にはデフレの方向に

進むことが見込まれてますし、
 
確かにCovid-19によって、

ヒトの行動が抑制されましたが、


果たして、

人々の消費行動はいかがでしょうか。



これまでは外で使っていたお金
  👇
自粛期間を満足させる
ためのお金へ


恐らく多くの方々が、自粛の中での

生活をより良くするための

消費行動が増えていると思います。

 

代表的な例としまして、


任天堂、コロナ跳ね除け大幅増益 「ポケモン剣盾」と「あつ森」好調
https://www.itmedia.co.jp/news/spv/2005/07/news106.html




VRが好調のフェイスブック、オキュラスの新機種を来年発売へ
https://forbesjapan.com/articles/detail/34352/1/1/1?s=n



日本でウーバーイーツ絶好調も本国では大量解雇 
なぜ同じウーバーでも日米で大きな差?



この他にも

動画コンテンツサービス

オンラインメディア事業

Eコマース市場など大きく

市場がに変わっていきそうです。


2. (感染覚悟で)経済活動に
再開見込み



【新型コロナ】死者が日本を大幅に上回るドイツがロックダウン解除へ
 

イギリスも制限措置が緩和され、
 
ドイツでは経済活動が

順次再開されていく模様、


そしてイタリアも製造や

建設業なども再開されており、

スペインでも外出制限などが

解除されつつある状況のようです。


<コロナ緊急事態>大阪府 自粛解除へ3基準 陽性率など1週間条件 

https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202005/CK2020050602000119.html



また国内でも皆さん

ご存じかとは思いますが、

自粛解除に向けた3つの基準は

既に出されました。



この背景には自粛解除に関する

基準を数字として設けることで、

国内の各企業が自粛解除

「出口戦略」を見い出し、

経済活動の再開にもつなげる

といった趣旨が強くありそうです。



レムデシビルが日本でもCOVID-19治療薬として承認


またレムデシビルの承認によって、

より再開の見込みが見えてきている

ようにも見えますが、


あくまで治療の面ですので、

根本的なCovid-19騒動の

問題解決はされてはなく、

第二波、第三波の可能性の驚異は

続いてくるはずです。




このまま自粛が続いていく中で、

極端ではありますが、

ヒトが死ぬか、企業が先に死ぬか

といった視点で考えた際に、

後者の可能性が高く、また

もし連結倒産などが増えて
しまった際、


これまでの経済恐慌の
歴史をみると、

企業が倒産すると自殺者数

が伸びるといった

データもあるようですので、


今後は、

人々の感染を覚悟で経済活動を再開せざる負えない

といった動きは避けられない

のかもしれないです。